『性別「モナリザ」の君へ。』というマンガが面白かったです!

最近新しいマンガを開拓すると言うことをしていなかったんですけど、ネットを見ていたら、これは面白そうかも?と思って電子書籍版を読んでみたらすごく面白かったマンガがあったので、ご紹介したいなぁと思います。
こちらです!

性別「モナリザ」の君へ。というマンガです。
ネタバレはしないのつもりなので、これから読みたいという方も安心してくださいね。
ざっと内容を説明させてもらうと、このマンガの世界では性別は12歳頃から本人の精神によって決定していくという設定なんですけど、主人公は17歳になろうというのにどちらの性別にもなっていないというなんともツラい設定です。

そして男性になった幼なじみと女性になった幼なじみ両方から、告白されてしまい、戸惑ってしまうと言う青春時代の三角関係のお話です!
しかもなんだか主人公がまだ知らぬ悲劇が待ち構えてそうな展開で、私は2巻以降を楽しみにせざるを得なくなりました。

出来ればハッピーエンドで終わって欲しいですけど、たぶん主人公はこうなっちゃうんだろうな…と想像できる感じはします。
でもそれ以上の結末があるのなら、見てみたい!そんな風に思ったマンガでした。

かなり異色な設定のマンガですけど、恋愛青春してるって感じなので、そういうマンガがお好きな方には迷わずオススメしちゃいます。
男性になった幼なじみと女性になった幼なじみはお友達で、その関係はドロドロとしてないので、思わずほんわかしちゃうところもいっぱいありますよ!
それともこれからドロドロしちゃうんでしょうか(笑)。

2巻、早く出てくれないかなぁと思いますー。
ここを見て興味を持っていただいた方、もしいらっしゃったら、読んでみていただけると嬉しいです(o´∀`o)

コメント